スポーツNFT

【詳細解説】フィナンシェトークンのコインチェックIEOを初心者向けに説明

フィナンシェIEOアイキャッチ
コインチェックによるフィナンシェ(FiNANCiE)トークンのIEOについて知りたい

今回は、こんな疑問に答えます。

2022年夏にコインチェック がIEOの第2弾として、フィナンシェトークンを上場するとの発表をしました。

これまでフィナンシェトークンを使用していた人も、今までフィナンシェトークンを知らなかった人も注目の案件です。

注目すべき理由

  • フィナンシェトークンのIEOに参加すると、購入後の値上がりが期待できる。
  • 事実、コインチェックのIEO第1弾「パレットトークン」は、上場後値上がりした。
  • フィナンシェをが発行する、スポーツクラブを中心とした「ファントークン」はこれからの成長産業である。
つまり、利益を得られる可能性が高い案件ということです。

この記事の内容

コインチェック・フィナンシェトークンIEO

 この記事を書いている私はこんな人です。

  • NFTサイト(当サイト)を運営。
  • TwitterでNFT・暗号資産(仮想通貨)の情報を発信
  • 月2回スポーツNFT関連のニュースランキングを投稿。
  • CryptoNinja Partners(CNP)を2体保有。
  • ブログ収益でビットコイン購入(投資成績

フィナンシェトークンとは

FiNANCiE(フィナンシェ)

FiNANCiE(フィナンシェ)は、「日本のJリーグ・Bリーグ・プロ野球独立リーグ・クリエイター・アイドル・・・」などの「ファントークン」を発行する企業です。

ファントークンは、①ファンクラブ、②クラウドファンディング、③投資を掛け合わせたイメージ。

ファントークンのイメージ

ファントークンの保有者は、ファントークンを購入・保有することでさまざまな特典が得られます。

ファントークンを保有することで得られる特典や権利の例

  • チームの方針決定に関する投票権
  • 限定グッズや記念品の獲得権
  • VIPシートの利用権
  • 選手との交流

ファントークンは、トークン発行元の組織や個人を応援・支援することを基本としていますが、売買が可能であり、投資対象にもなります。

日本のファントークン一覧
【仕組み・銘柄も全てわかる】ファントークンが日本に広まる【3つの理由】日本のファントークンの仕組みや一覧・買い方について、ファントークンの購入者が詳しく解説します。...

フィナンシェは、日本のファントークンの中心

フィナンシェは2019年に創業し、2020年8月に日本国内初のクラブトークンを発行しました。

2022年7月現在、日本のファントークンの多くはフィナンシェが発行しています。

フィナンシェの歩み

下記は、フィナンシェが発行するファントークンの一部です。

サッカー・フットサル関連

湘南ベルマーレ アビスパ福岡 ザスパクサツ群馬 カマタマーレ讃岐
Y.S.C.C. FC刈谷 南葛SC はやぶさイレブン
名古屋オーシャンズ アンコールタイガーFC 渡井 理己  

野球関連

ルートインBCリーグ 福岡北九州フェニックス 埼玉武蔵ヒートベアーズ 九州アジアプロ野球機構

その他スポーツ

アサヒビールシルバースター BIG BLUES 日本ボッチャ協会 三浦 優希

〇スポーツ界以外のファントークンの一覧

タレント・アイドル

羽島めい 遠矢るい

起業家・クリエイター

箕輪厚介 上野広伸 山田 勇魚 高木モトヒロ

フィナンシェは、スポーツ界を中心に、芸能人や起業家など、実に幅広い分野のトークンを発行。

ファンサービスの向上や資金の調達にファントークンを活用するながれは、世界の主流になっており、今後さらに拡大していきます。

すでに日本において圧倒的なファントークンのシェアを持っているFiNANCiE(フィナンシェ)が、注目の企業ではあることは間違いないでしょう。

FiNANCiE(フィナンシェ)公式サイトへ

フィナンシェのCEOはWeb3の有識者

フィナンシェのCEO

フィナンシェのCEOである​國光宏尚氏は、web3に精通した経営者として知られています。

2007年株式会社gumiを創業し、代表取締役に就任。22016年、主に北米のVR/AR企業への投資を目的としたVR FUND,L.P.のジェネラルパートナーとして運営に参画、2018年、gumi Cryptos匿名組合を組成し、ブロックチェーン事業に参入。

そして、2019年に株式会社フィナンシェを共同創業しました。

Twitterのフォロワー数は5万人(2022年7月現在)。

國光宏尚氏がweb3について語った動画がこちら。

コインチェックのIEOは「爆益」案件?

コインチェックIEO

コインチェックのIEO第2弾となるフィナンシェトークンのIEOが注目を集める理由は、投資対象として「利益を得られる可能性が高い」と考える人が多いからです。

多くの人が利益を得られる可能性が高いと考えている理由は、以下の通りです。

  • コインチェックのIEO第1弾「パレットトークン」は、上場後値上がりした。
  • フィナンシェのビジネスに将来性がある。
  • フィナンシェの代表取締役である國光 宏尚氏は、上場企業gumiの創業者であり、Web3の有識者として知られる存在である。

フィナンシェのビジネスの伸びしろや経営者の資質に加え、コインチェックのIEO第1弾が成功していることが、注目を集める理由です。

そもそもIEOとは何か

IEOって何

IEOとは、「Initial Exchange Offering」の略で、暗号資産(仮想通貨)の発行体(今回であればフィナンシェ)が取引所を介して暗号資産(仮想通貨)を先行販売して、資金を集めることです。

IEOでは仮想通貨取引所が発行元のプロジェクト内容を審査するため、プロジェクトの信頼度もあがります

暗号資産(仮想通貨)を購入する側にとっては、注目の新規銘柄を上場前に安く買えるチャンスです。

IEOを購入側の目線でかんたんに言うと、人気商品の先行割引販売のようなものです。

コインチェックのIEO第1弾「PLT」は成功

PLTトークン成功

コインチェックが最初に行ったIEOは、2021年7月に国内初のIEOとして実施された「パレットトークン(PLT)」の事例です。

「パレットトークン(PLT)」のIEOは、6万3853口座からの申し込みがあり、応募金額は224億5500万円・抽選倍率は24.11倍にもなりました。

IEOの「販売価格は4.05円」⇒ 上場価格は「6円」⇒「最高98円」の価格をつけました

現在(2022.7.18現在)は22円。ピーク時よりは下落しましたが、それでもIEOの販売価格の約5倍。

第1弾の「パレットトークン(PLT)」の成功実績からも、フィナンシェのIEOは投資する側にとって魅力的な案件です。

コインチェックによるフィナンシェトークンのIEOに参加するには、コインチェックの無料口座開設が必須です。口座をもっていない方は、IEOが開始されるまえに口座開設をしましょう。

2022年9月30日までなら、無料口座開設で1,500円分のビットコインがもらえます

コインチェックの詳細

JリーグクラブのトークンがIEOに・「FCRコイン」

国内IEO例「FCRコイン」引用:GMOコイン

Jリーグクラブが発行するトークンがIEO対象となった例があります。

J2リーグに所属(2022年現在)のFC琉球が発行する「FCRコイン」です。

FCRコインのIEOは、2022年4月~5月に、【GMOコイン】 により実施されました。

FCRコインは、暗号資産(仮想通貨)とのしての側面とFC琉球のファントークンとしての側面を持っています

FCRコインを保有することで、FC琉球に関する投票権やさまざまな特典を得ることが可能。

つまり、FCRコインは投資対象であり、FC琉球ファンやサッカーファンにとっては「ファンクラブの特典を得る権利」でもあります。

実は筆者もFCRコインを、3,000 FCR保有しています。1FCRが約0.52円程で(2022年7月27日現在)気軽に買えるコインです。

FCRコインの詳細は下記の記事をご覧ください。

【詳細ガイド】Jリーグ・FC琉球の仮想通貨「FCRコイン」とは何か?FC琉球の仮想通貨「FCRコイン」とは何かを図解入りで詳しく解説しています。...

フィナンシェIEOへの参加方法

フィナンシェIEO参加方法

フィナンシェIEOの参加方法を、パレットトークンIEOの条件から予想すると、以下のようになります。

コインチェックの口座開設 必要
手数料 8%(消費税含む)
日本円ロック 申込時に口座の払込金額相当の日本円がロックされ、ロック中は外部送金・暗号資産の購入等への利用不可となる。
抽選方法 口数ごとのランダム抽選
申し込み倍率 PLTの際は24.11倍であった。
1口当たりの数量 1,000

注目の案件であり、抽選倍率が高くなることが予想されます。

まずはコインチェックの口座開設をしよう。

フィナンシェのIEOに参加するには、コインチェックの口座を持っていることが前提になります。

口座を持っていない方は、今すぐ無料の口座開設をしましょう。

2022年9月30日までなら、無料口座開設で1,500円分のビットコインがもらえます

コインチェック
無料口座開設でビットコインがもらえるチャンスは【9月30日まで】

フィナンシェトークンは、コインチェックのIEOによってどう変わる?

フィナンシェIEOによってどうかわる?

2022年7月現在フィナンシェが発行する組織や個人のファントークンは以下の手順で購入できます。

  1. FiNANCiEポイントを購入
  2. FiNANCiEポイントで希望するコミュニティ(クラブや個人)のファントークンを購入
  3. コミュニティの特典(投票権などの各種権利)を活用する。

現在は、フィナンシェが独自に発行する「FiNANCiEポイント」を購入し、ファントークンを購入する流れです。

一方で、バルセロナ、ユベントス、パリサンジェルマン、マンチェスターシティなど世界の名だたるクラブのファントークンを発行するSocios.com」は、仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)を基軸通貨としています

バルセロナやパリサンジェルマンのファントークンを購入するには、まず仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)の購入が必要です。購入後、暗号資産(仮想通貨)チリーズ(Chiliz/CHZ)で各クラブのファントークンを購入します。

ファントークンの説明書
【サッカー界の新常識】ファントークンとは何かを詳しく解説します。サッカー界の「常識」になろうとしている「ファントークン」について、初心者向けに解説します。また、国内外の情報を詳しく紹介します。...

フィナンシェのIEOが実施された後、「Socios.com」のように暗号資産(仮想通貨)が基軸通貨となる可能性も考えられ、ファントークン購入手順①が以下のように変更になるかもしれません。

  • 現在:「FiNANCiEポイントを購入」
  • IEO実施後:「フィナンシェが発行する暗号資産(仮想通貨)をコインチェックで購入」 ※あくまで可能性の話

上記の話が実現すれば、フィナンシェトークンの投資対象としての価値が一層高まります。

いずれにしても今回のIEOで、フィナンシェが展開するファントークンが一層注目を集め、さらなる飛躍につながることは間違いないでしょう。

フィナンシェトークンIEOのまとめ

この記事のまとめです。

  • 2022年夏にコインチェック がIEOの第2弾として、フィナンシェトークンを上場予定である。
  • FiNANCiE(フィナンシェ)は、「日本のJリーグ・Bリーグ・プロ野球独立リーグ・クリエイター・アイドル・・・」などの「ファントークン」を発行する企業である。
  • 2022年7月現在、日本のファントークンの多くはフィナンシェが発行している。
  • フィナンシェのビジネスの伸びしろや経営者の資質に加え、コインチェックのIEO第1弾「パレットトークン」の成功が、注目を集める理由である。
  • 多くの人が利益を得られる可能性が高い案件として注目している。

今回のフィナンシェトークンのIEOは、日本のファントークン普及の観点からも意義のあるものです。

また、購入者側にとっても、利益が見込まれる案件として魅力もあります。

コインチェックの口座を持っていない人は、無料口座開設をして準備をしておきましょう。

コインチェックの詳細